母乳をあきらめたくない!ママの想いに寄り添いたい

産後ママたすけ隊の産後ヘルパーはベビーシッターではありません。

産後のママに寄り添う人です♡

 

出産後3週間たったママから問い合わせのお電話がありました。

「母乳の出が良くないんです。今日、母乳外来に通院してきました。

ミルクで育てる方向で話が進んだのですが… 私、もう少し頑張りたいんです!」と

切実なママの声が聞こえてきました。

産後ヘルパーは母乳がたくさん出る魔法を持っているわけではありません。

産後ケアで絶対に母乳がたくさん出るようになる保証はありません。

でも、ママの「がんばりたい」気持ちに寄り添うことはできます。

 

数日後、産後ヘルパーはママのところへ訪問しました。

ママのご希望をお聞きして、いくつかの先輩ママの事例をお話ししました。

ママが納得がいくまで母乳+ミルクの育児を続ける提案をしました。

そして、ママに寄り添う毎日がはじまりました。

産後ヘルパーはまず、温かい汁物をたくさんつくり、ママに食べていただきました。

体の中から全身を温めて、心と体のリラックスを図りました。

次は赤ちゃんから離れて、お昼寝です。

自分のペースで眠りにつき、自分のペースで目覚めます。

起こされるのではなく、自分で起きる!で体の疲れを取り除きました。

ゆっくり眠った後は、時間をかけて授乳です。

抱き方、赤ちゃんのお口の開け方、ママの姿勢の改善、乳房の硬さのチェックなど

赤ちゃんのための授乳!という考えから、母子ともに安心できる授乳に改善していきました。

そして、授乳が終わった後に乳房マッサージです。

固くなった乳房をほぐし、残っている母乳を絞り出し、乳房全体を温め、刺激し、

新しい母乳がつくられる環境をつくります。

最後に赤ちゃんの様子や成長についての育児相談をしました。

あと1か月たつとどのように生活が変化するのか…

あと3か月たつとママの身体はどのように回復しているのか…

あと6か月過ぎると毎日の生活は楽になっているのか…

少し先の未来を想像できるようにすることで、不安を安心や期待に変化させていきます。

 

このような生活を送った3日後♡♡♡

授乳中のママは嬉しそうに

「赤ちゃんののどがゴクゴクなってます!!!」

「母乳を吸われている感覚が強くなってきました!!!」

と笑顔で話してくれました。

 

現在、産後ヘルパーは週に2回、ママの母乳の状態を確認するために訪問しています。

母乳+ミルクでの育児を行っているママさん。

赤ちゃんは時々、ミルクを予定量飲み干すことなく、残して寝てしまうことがあるそうです。

そうなんです!!!

母乳量が徐々に増えているのです!!!

「母乳をあきらめたくない」と言っていたママさん。

あきらめなくてよかった!と言ってくださることが本当に嬉しいです。

『どうして母乳が出なかったのか、どうしてあんなに焦っていたのか、今となってはわからないけど

産後ヘルパーの訪問によって、安心した気持ちになれたことが今につながっていると思います』

嬉しいママのお言葉に支えられ、産後ママたすけ隊のヘルパーは今日も産後ママに寄り添ってまいります。

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です