離乳食づくりのご相談 「硬め」ってどれくらいの硬さ?

離乳食づくりのご相談がとても増えています。

それだけ悩んでいるママがたくさんいるということですよね(汗)

悩みの多くが

「最初はたくさん食べていたのに、急にイヤイヤするようになった・・・」

「ドロドロの離乳食は簡単だけど、すこし硬めが難しい・・・」

といった離乳食の中期、後期へのステップアップに対する内容です。

↑↑↑

確かにドロドロの離乳食は1種の食材をすりつぶすので

硬さの調節は必要ありません。

しかし・・・ 中期以降になると

赤ちゃんの上あごと舌と歯茎を使って「押しつぶせるくらい」の硬さが必要になります。

さらに複数の食材を一緒に調理したりすることも増えてきます。

  

この段階になると、この硬さで大丈夫???という不安が増してきます。

そんな時は味見タイム(笑)を試してみてください。

赤ちゃんに実際に味見をしてもらって、お口の動きをチェックします。

たくさん食べさせるのではなく、あくまでも味見なので赤ちゃんも

「これ何?」といった表情で一口食べてみてくれます♡

お口の中で潰しきれず、吐き出してしまう場合は

大きすぎる?硬すぎる?と教えてくれていると思って

もう少し小さく刻み、もう少し柔らかく煮込みます。

おくちをしっかり閉じて、モグモグしている時は

ちょうど良い♡というサインだと思って大丈夫♡

一生懸命お口の中をモグモグさせている様子はとても可愛く

「がんばってるね~」とたくさん褒めてあげたくなります。

 

 

『たくさん食べるとママが褒めてくれる!』

離乳食はこのママと赤ちゃんのコミュニケーションで楽しく

進めることが大切です。

 

産後ママたすけ隊の産後ヘルパーはたくさんの食材を活用して

赤ちゃんの成長段階にあわせた離乳食づくりを応援しています。

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です