「3時間」睡眠を確保する

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

産後ヘルパーがお客様のご自宅に到着した際、最初の会話は

「昨日は眠れましたか?」

からはじまります。

「2時間くらいの間隔で…って感じです」というお返事がかえってくることが

多いのですが、産後ヘルパーはそのお返事を受け、今日のスケジュールを組み立てます。

「今日で産後何日目でしたっけ?」

「直近の授乳は何時ですか?」

「朝ごはんは食べましたか?」

「おっぱいは、張って痛いとかないですか?」

などなど、ママの体調と生活のリズムを確認する質問をしたうえで

「3時間連続で寝てほしいんです。そうすると、頭の中がすっきりします」と

ご提案して、この後のスケジュールをご提案していきます。

 

産じょく期が大変だと言われる大きな要因は

まとまった睡眠がとれないことに起因するところが大きいです。

小刻みな睡眠により、体力的にも精神的にも疲労が蓄積してしまうのです。

 

しかしながら、産後ママの身体はどんなに疲れていても3時間くらいすると

赤ちゃんに母乳をあげるためにおっぱいが張ってきます。

疲れて寝ていても、不思議なくらいその違和感で目が覚めます。

その自然の法則にしたがいながら、ギリギリまで睡眠の確保を促すことが

産後ヘルパーの役割です。

3時間寝るための準備をして、ママを寝室に向かわせます。

3時間寝るための準備とは…

①母乳を出し切る

②食事をしっかりとる

③ヘルパーとの会話で心をリラックスさせる

④赤ちゃんが安定している状態をつくる

などなど

 

寝室に入ると、足や腰を玄米カイロで温め、

タッチケアのマッサージを行い、入眠を促します。

「3時間睡眠」を確保できたママは、笑顔で起きてきます。

そして、ぱんぱんに張ったおっぱいから溢れる母乳を飲む赤ちゃんも

とても満足そうな様子が見られます。

その母子の姿は、とても素敵です。

「2時間の睡眠」と「3時間の睡眠」、そんなに違いがないように思われがちですが、

試してみると本当に大きな違いがあります。

産後ママの皆さんには、ぜひ「3時間睡眠」を確保していただきたいと思います。

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です