里帰り出産 

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

本日は、「里帰り出産」についてのお話です。

初産の場合、里帰り出産をする産後ママの比率はとても高いです。

私も同じでした。

実家のある愛媛県で出産しました。

しかし…実家の母も父もフルタイムでの仕事をしており

平日の昼間は里帰りしたのに…ずっと一人でした。

10年以上別の場所で生活をしていた私としては、一人でいる実家は

決して快適ではなく…

何かと、「あれ、どこにあるんだろう?」とウロウロ。

なんとなく不便な感覚がありました。

 

毎日夕方、母が帰ってくるのを待ちわびてました。

 

でも、仕事から帰ってきた母は私の分を含めた家事に追われ

赤ちゃんを抱っこしてくれるのは…夕食後のわずかな時間だけ。

最初はそれでも…母がいてくれる安心感で満たされていたのですが、

10日くらいたつと、母も私も疲れがピークになり…イライラ!

 

実母だからこそ、私は「なんで、もっと手伝ってくれないの?」を

ぶつけてしまい…

実娘だからこそ、母は「手伝っているでしょ!仕事も家事もあるのにこれ以上

何をしてほしいの?」をぶつけてきます…

 

「こんなことなら、里帰り出産じゃなくてもよかったかもしれない」

心の中で何度も思いました。

実際には、里帰り出産に費やした費用もかなり高額でした。

自分の交通費、夫が会いに来る交通費、2重生活に必要な生活費、

実家用にそろえたベビー用品…

 

先日、出産を予定している娘さんを持つお母様からご予約をいただきました。

「私も日中、仕事をしているので…実家なんですが、ヘルパーを頼みたい」と。

 

私は自分の経験を思い出し、ご実家のお母様の素敵な出産準備に感動しました♡

「私には相談しにくいこともあるでしょうし…」

「実家で家事をするのは、慣れない部分もあると思うし…」

「私としても、自分の体の負担も心配でして…」

娘さんを気遣うお母様の気持ちにお応えしたいと思います♡

里帰り出産の在り方も、いろいろあっていいなあと感じました~~~

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です