親の視点と子供の視点

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

今日は我が家の話をちょっと書いてみたいと思います。

中学3年生の次男の話です。

彼は学校の部活動はせず、

クラブチームで硬式野球をしています。

活動のメインは土曜、日曜です。

 

 

学校行事として、5月に修学旅行があります。

日程は土曜、日曜、月曜の3日間です。

しかも、予定の日程と野球の試合が重なってしまいました。

さあ、どうしよう(汗)

家族会議を何度もしました!!!

 

親の視点では、

「修学旅行は学校生活の中でも一番の思い出になるはず!行った方がいい」

「野球の試合は他にもあるでしょ。修学旅行は今しかないのよ」

子供の視点では、

「僕が一番がんばっているのは、野球。だから野球を最優先にしたい」

「僕はチームのために全力で勝負したい。試合に行かないなんて考えられない」

 

何度も何度も繰り返す話し合いの中で

主人が息子に一言…

「お前、思ったより考えているんだな。すごいよ!ちゃんと考えたんならお前が決めろ!」

 

 

出産時のトラブルで新生児期を病院で過ごした息子。

ずっと心配しながら子育てをしてきた私たち両親。

 

 

そうか。自分の意志をもち、自分の道を進もうとしている彼の成長を

喜ぶ時なんだなあ~~~と親として思いました。

赤ちゃんの時、今日のような日がくることを想像できず、毎日泣いていた自分に

「泣かなくてもいいよ。大丈夫!素敵な未来がくるよ」と教えてあげたくなりました。

まだまだ心配は続くでしょうが…

今、感じている温かい気持ちを大切にしたいなあと思う出来事でした。

 

今、たくさんの心配を抱えている産後ママの皆様、

素敵な未来が待っていると信じてくださいね♡♡♡

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です