乳首に傷(涙) 授乳が苦痛に…

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

母乳育児をがんばりたいママにとって、「乳首の傷」は本当につらい

トラブルです。

避けて通りたいけど…赤ちゃんとママの授乳リズムが整うまでは

発生しやすい産後トラブルのひとつです。

 

どうして発生するか???

新生児の時期に発生する乳首の傷トラブルは

まだ吸われ慣れていない乳首を赤ちゃんが元気よく吸うことによる

摩擦により擦れてしまったり、血豆ができたり、皮がむけて擦り傷のようになったり

するのです。

事例には個人差があります。

赤ちゃんの口の大きさや口の開け方の違い

赤ちゃんの大きさの違い

ママの乳頭の大きさ、形、角度の違い

母乳量の違い

本当に個人差や赤ちゃんとの最初の相性にも違いがあります。

 

じゃあ、どうしたらいいの?と思いますよね(汗)

 

少しでも痛みを感じたら、まず保湿です!

産後ママたすけ隊では、授乳直後に保湿クリームを塗ることを

お勧めしています。

↑↑↑先日、お伺いしたお客様はこのクリームを使用されていました。

 

次に、授乳姿勢を調整することをお勧めしています。

縦抱きでの授乳です♡

ママも赤ちゃんも慣れない姿勢で少し辛いのですが…

この姿勢での授乳は母乳の出る穴をたくさん開いてくれる効果が

見られます。

本当に数分の授乳で効果が現れることが多いです。

縦抱きの授乳で母乳の出る道を開いて

乳頭全体から授乳できるようにすることで

一カ所に力が集中しないようにします。

 

さらにお勧めしているのは

乳頭保護器(ニップル)の活用です。

乳頭の傷、特に初期の傷や擦り傷のようなヒリヒリした傷には

保護器を使用することで患部に触れずに授乳することにより

傷の治りを早めます。

赤ちゃんにとっては、つるんとした乳頭保護器の感触に最初に戸惑いが

あるようですが、保護器の中に母乳をためてから吸わせることによって

安心して吸ってくれるように導きます。

 

産後トラブルは、ママの身体への負担だけでなく

育児に対する不安というママの心へのダメージが大きいです。

早めの対策を打つことでママの育児を応援したいと思います。

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です