時々 逃げ出したくなる(涙)

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

産後2週間を経過したママさんのお話です。

 

産後ヘルパーが5日間お伺いした後…2日後にお電話をいただきました。

電話の向こう側で泣いているママさん。

「ずっと赤ちゃんを抱っこしています。ベッドに置くと泣くんです…」

「ずーーーと、赤ちゃんといると…なんだかどんどん自信がなくなってきて…」

「母乳が出ていないような気がするんです…」

とても苦しい心の叫びです(涙)

 

「明日、お伺いしてもいいですか?」と提案してみると…

「はい」と…

 

翌日お伺いしてみると、ママは赤ちゃんを抱いたまま

ベッドに座って泣いていました。

「何をやっても寝てくれなくて… 焦って、イライラして、寝られなくて…

ずっと抱っこしていると、トイレもいけなくて…

食欲もなくて…

なんか…もう無理!って言いたくなっちゃって…

時々、逃げ出したくなるんです…」

 

自分の気持ちを吐き出したママは、少しだけ落ち着き、涙がとまりました。

 

ヘルパーは、ママさんに

「がんばりましたね!一生懸命がんばったから、少し疲れてるだけですよ。」

「3時間だけ、逃げ出してみましょうね!」とご提案しました。

 

まずは、ゆっくりとシャワーを浴びていただき、

鏡に向かって、ゆっくりと髪を乾かし、

ヘルパーとおしゃべりしながら、ランチをとっていただきました。

そして…眠らなくてもいいので、寝室で横になって休憩です。

 

赤ちゃんは…というと、ヘルパーの抱っこでまどろんだり

ベビーマッサージでちょっとした運動?をしたり

沐浴したり…

ヘルパーは赤ちゃんと過ごす時間の中で

赤ちゃんの様々な成長を発見します♡

お尻のあたりをマッサージすると、お口をおちょぼ口にして足を伸ばす!とか

手を握ってもらうと左手の方が上手に握れる!とか

右手を握ってあげると寝やすい!とか。

 

『3時間の逃げ出し?』は、ママのおっぱいが張ってくると終了です。

もっと寝ていたいはずのママですが…

ぱんぱんに張った自身の胸は、赤ちゃんに母乳をあげることを選択させるのです。

 

たっぷりとあふれ出る母乳は、ママにとっても赤ちゃんにとっても嬉しいものです。

「たった3時間なのに… 逃げ出してみたら、心が楽になりました♡」

 

笑顔を見せるママにヘルパーは赤ちゃんの素敵な成長を伝えます。

そして、赤ちゃんとの距離のとり方について、お話しします。

「赤ちゃんの泣き声はサインです!何種類あるのか、聴き分けられますか?」

「泣かさないようにするのではなく、泣いたら対応する!でいいんですよ。」

 

最後に女性同士ならでは!の、世間話???に花を咲かせて…

少し、赤ちゃんを泣かせる練習をしました。

「ちょっと待っててね~~~」と声をかけながら、手を洗いに行く練習?も。

 

このブログを書きながら、そんなの当たり前のことじゃない???と思っている方も

多いかと思ってしまうのですが・・・・

産後は、女性ホルモンの分泌過多、産後の体力未回復、極度の睡眠不足などにより

判断力や記憶力、冷静さが大きく欠けます。

一時的なものであることはわかっていても…

乗り越えられずに、産後トラブルを発症する人が多くいます。

私たち産後ヘルパーの中には、産後トラブル経験者がたくさんいます。

だからこそ、危険のサインを見逃したくありません。

ひとりでも多くのママを守りたいです♡

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です