母乳育児の悩み  授乳姿勢で解決♡

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

母乳育児に悩む産後ママさんの数と言えば…

ほぼ全員といってもいいのではないかと思うくらい

悩みの数は多いです!

母乳が出る出ない、といった悩みはもちろんですが…

・母乳は出ているけど、赤ちゃんが上手に飲めない

・飲みながら寝ちゃって、1時間以上授乳に時間がかかる

・右と左のおっぱい、母乳量が全く違う

・赤ちゃんがおっぱいを嫌がる

などなど

母乳が出れば、赤ちゃんは自然におっぱいから母乳を吸ってくれると

思っていたママさんたちにとって…

始まってみて知る、母乳育児の悩みがたくさんあります。

 

この悩みを、ちょっと話をきいただけ、SNSでコツを知っただけ、

一回の母乳マッサージや指導を受けただけ…では、なかなか納得のいく

改善結果を得られるママさんは少ないです(涙)

私たち産後ママたすけ隊のヘルパーたちも

授乳のたびに隣でアドバイスや抱き方等のレクチャを行って

大体3日目くらいで、効果を感じられるようになります。

即効性のある改善があればいいのですが・・・・

 

とは言っても、悩みの多くはちょっとしたコツで

改善することができます。

 

今、母乳育児に悩みのあるママさんも

これから出産するプレママさんも ぜひぜひ覚えておいてください♡

 

悩みを解決するカギは授乳姿勢です!!!!!

実は、ママのおっぱい中央(乳首の先)はご自身が思っているより

外側を向いているのです(個人差はありますが…)

赤ちゃんの口を乳首に近づけようとするとき、無意識におっぱいの中央より

やや内側にあわせてしまっていることが多いです。

意識をして、ちょっとだけ外側(脇に近づける)に赤ちゃんを抱き寄せることで

授乳がうまくいくことがあります。

赤ちゃんの哺乳状態を確認するために、どうしても前かがみになり、赤ちゃんの口元を

覗き込みたくなるのですが、赤ちゃんが飲みやすい位置を確保するためには

しっかり胸を張って、少しだけ赤ちゃんを脇側に抱き寄せ、授乳してみてください。

 

しっかり飲める位置を確立できると、授乳姿勢に無理がなくなります。

すると、ママの身体の中の血流もよくなり、母乳の生成も進みます。

胸全体から母乳を吸ってもらえると、乳腺炎などのトラブルも防げます。

産後ヘルパーはこの姿勢が自然につくれるように、ママと赤ちゃんに寄り添います。

母乳育児の悩み、ぜひ授乳姿勢で改善してみましょう♡

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です