お臍(へそ)のケア

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

新生児のお世話の中で、最初に戸惑うのが

お臍の消毒です。

へその緒が付いた状態でどのように消毒するのかを

質問されることがとても多いです。

少し持ち上げるようにして、へその緒の周辺を消毒液で

洗浄します。

「触るのが怖い!」という方は無理せず、綿棒で周辺を

消毒することをお勧めします。

 

生後10日~20日でへその緒は乾燥して、コロンと取れます。

その後も、お臍が乾燥するまでは消毒を続けます。

 

おへその心配事として、時々出会うのは

「臍帯(さいたい)ヘルニア」の疑いです。

へその緒が取れた後、「出べそ」になった状態が続くことで

腸の一部が出てきてしまう症状です。

おへそを触ると腸の動きがわかるくらいに膨らんだ症状の赤ちゃんもいます。

このような場合は、通院することをお勧めしています。

ガーゼやスポンジを使用してお臍を圧迫する処置をしてもらいます。

そうすることで腸が元の位置に戻っていきます。

早いお子さんでは、10日あまりたつと出べそがウソのように凹むことがあります。

 

初めての育児で、不安なことがたくさんあるママたちに

産後ヘルパーはひとつづつ対応策を助言し、一緒に取り組んでいきます。

産後ママを一人で頑張らせたくない!!!ヘルパーの気持ちです♡♡♡

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です