乳児湿疹 兄弟でも全然違う(汗)

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

乳児湿疹の正式名称は

「乳児脂漏性湿疹」(にゅうじしろうせいしっしん)です。

文字通り、皮脂が溜まったことにより発生する肌トラブルの代表格です。

生後2.3週間くらいからはじまり、生後2か月くらいまでにおさまることが多いのですが

毎日、増えていく湿疹を見ながら生活しているママにとっては、とても大きな心配事です。

赤みの範囲が広くなり、触ると少し熱を持っているように思えることもあります。

頭の中にも湿疹ができたり、ふけのようにカサカサの浮遊物が発生したりします。

 

第1子で、乳児湿疹のトラブルを抱えた経験を持つママさんは

第2子の産後では、どうしても乳児湿疹に過敏になります。

産後ヘルパーはママの不安を少しでも解決できるように努めています。

 

予防策として、

①保湿力の高い保湿剤で肌を保湿すること

②湿疹ができはじめたら、沐浴時以外に1日1回、ぬるま湯につけたガーゼで顔を拭くこと

③ママの水分補給や野菜中心の食事に配慮すること

④室温、湿度を適切に保つこと(汗をかきすぎない、乾燥させすぎない等)

などを行います。

 

全く乳児湿疹のない赤ちゃんは、ほとんどいませんが…

汁が出て肌がただれたり、血がにじんでしまうようなほどになる赤ちゃんは

あまり見かけません。

万一、湿疹の広がりが急速だった場合は、通院をお勧めしたりしています。

 

第2子の乳児湿疹による肌トラブルが少なかったママさんは

「兄弟によって、トラブルは全く違うんですね。

なんでも上の子と同じかと思っていました。

そっくりな顔をしていても、ちゃんと別々の赤ちゃんなんだって思いました!」

と笑顔を見せてくれました。

赤ちゃんの個性もそれぞれ!

心配しすぎずに、しっかり対処しながら育児の不安を自信にかえてほしいと思います♡

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です