パパの育児参加は焦らずに!!!

コロナウイルスの影響により、多くのパパさんが在宅勤務を行っています。

私たちの産後ケアも、パパさんがお家にいることにより小さな変化があります。

例えば…

パパがWEB会議をするため、ママも赤ちゃんもヘルパーも静かに過ごす必要があったり、

昼食の時間をパパのお仕事にあわせるため、ママのお昼寝時間を調整したり、

パパの仕事を邪魔しないように掃除機をかけたり

などなど

間取りによっては、全員で音が出ないように生活している状態が見られます。

 

パパが家にいることを心強く想っているママにとって

近くにいるのに、育児には参加できない状態が続くと…

ママの心も疲れて、不満が出てきます。

そんな時、産後ヘルパーはパパとママの心の架け橋になります。

パパの仕事に差し支えない程度に、パパに家事や育児のお手伝いをお願いしてみたり

昼食時間をパパとママの楽しい時間になるように

カフェプレートのようなランチを用意し、赤ちゃんとヘルパーで別室に移ったり

パパに少しだけ赤ちゃんを抱っこしてもらい、ママの身体をタッチケアでほぐしたり

などなど、お家の中の雰囲気が明るくなるように計らいます。

 

パパも赤ちゃんとの生活になれるためには時間が必要です。

焦らずゆっくりと育児に参加できる環境をつくることで、赤ちゃんとの新しい生活が

安定します。

焦って、育児参加を強制しようとすると…

不安が先行して、パパは頑なに拒否したりする事態になりかねません(涙)

 

沐浴、寝かしつけ、ミルク哺乳など、慣れてしまえばパパができる育児はたくさんあります。

でも、初めての時は誰でも不安がいっぱい。

小さな失敗を重ねながら、慣れていくものです。

そんな小さな失敗をフォローする役割を産後ヘルパーが果たします。

 

産後ケアを開始して、おおよそ1週間たつとパパは自然に育児に参加してくださるようになります。

「僕が抱っこしてるから、ゆっくり寝ていいよ!」と♡

ママにとってそんなパパの言葉は、心の産後ケアそのものです♡

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です