「赤ちゃんが寝てくれない」時に提案すること

こんにちは。産後ママたすけ隊の安原です。

 

「昨日の夜は、全然寝てくれなくて…」

「なんだか、グズグズと機嫌が悪くて…」

「今日はとってもご機嫌斜めです…」

 

5月の後半になると、赤ちゃんが寝てくれない(涙)という

悩みを耳にすることが増えました。

そうなんです。

この時期は、赤ちゃんにとって不快な「気温と湿度」が発生する季節なんです。

 

大人よりずっと敏感な赤ちゃんたちは、ちょっとした室温の上昇や

湿度の高さに反応します。

適温や適切な湿度を保つ!ということよりは、昨日までの室温や湿度との変化に

敏感に反応することがあります。

 

そんな時は☆彡

産後ヘルパーは、こんな提案をします。

①エアコンを使用して、室温を一気に下げます。

②換気扇を回して、室内の空気を循環させます。

 

大人であれば、自分で着るものを調整したり、水分補給をしたりと

室内環境に適応することができますが、赤ちゃんは自分で調節できません。

そんな時は、まず温度と湿度を下げ、空気を循環させ、快適な環境をつくります。

窓をあけ、換気することも効果的です。

時には、ベランダなどでちょっとした外気浴をすることも効果的です。

 

赤ちゃんの身体が冷えすぎない程度に温度調整をしたら

赤ちゃんはよく寝てくれます。

夜中にグズグズした場合も、室温と湿度を調整してあげることが

寝てくれます。

 

 

株式会社プレシャスマム ~産後ママたすけ隊~

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

www.premom.jp

仕事も子育ても精いっぱいがんばるママを応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です