双子サポートは「産後ママを解放すること」が大切

双子の赤ちゃんをパパとママ2人でお世話することはとても大変!

1人の赤ちゃんのお世話でも戸惑うことばかりの新米パパとママです。

同時に2人の赤ちゃんをお世話するにはお手伝いをしてくれる人の存在が大事です。

双子の赤ちゃんは同時に泣いたり、同時におむつ交換をしたり、

同時に授乳したり、できるようになるまで時間がかかります。

最初は出生時の体重に差がある場合が多く、一人一人に寄り添った

対応が必要となることが多いのです。

生後1~2ヶ月経つと、生活リズムが整い、同時にお世話することができるように

なってきます。

産後ママたすけ隊の産後ケアは2人同時にお世話ができない生後0ヶ月のサポートが

中心となります。

 

授乳時間になると一人は「お腹がすいた~」と泣き、一人はまだ寝ています。

寝かしつけようとしても、一人はグズグズ・・・一人はうとうと・・・

沐浴も授乳間隔にあわせて、順番に入れようとすると・・・

一人入浴中にもう一人が大泣き・・・

ママの心は疲労困憊です(涙)

本当は逃げ出したい気持ちなのです・・・

 

産後ママたすけ隊の産後ヘルパーはママに提案します。

「ママがひとりになる時間をつくりましょうね。」

「今、何がしたいですか?ゆっくりシャワーを浴びてご飯を食べませんか?」

ママは涙を浮かべて・・・

「いつまでこの状態が続きますか?」と・・・

産後ヘルパーはこう伝えます。

「赤ちゃん達の首がすわる頃には落ち着いてくると思います。

それまでは一人で頑張りすぎないように頼れるところを増やしていきましょうね。」

 

産後ヘルパーは赤ちゃんのお世話を少しでも楽に対応できるように

育児のコツをママにお伝えします。

そして、産後ヘルパーがいる時間は「ママの自分時間」として

寝てもよし、少し外出してもよし、ゴロゴロするもよし!の時間にしてもらいます。

 

そして産後ヘルパーは双子ママの行政支援や福祉センターの情報などを

あつめ、ママと一緒に申し込みをしたり、訪問してみたりします。

 

産後ヘルパーの役割は、ママに寄り添うこと。

ずっと私たちを頼ってもらうことではなく、ママが自信を持って子育てできるように

側で支え、進んでいくことです。

 

お散歩の練習、抱っこひもの装着練習などもママだけではなく、パパにもレクチャー。

時にはおばあちゃまにもサポートの練習をお願いします。

たくさんの人が関わることでママの負担は軽くなり、心が解放されます。

双子ちゃんママの心を解放するサポート、これからも頑張ります!!!

 

 

産後ママたすけ隊(産後0ヶ月~2ヶ月の集中産後ケア)

私たちは出産直後のママと赤ちゃんを支える先輩ママの集団です

産後ママたすけ隊 – 産後ママのためのヘルパーサービス (premom.jp)

 

時々ママたすけ隊(産後5ヶ月~24ヶ月の育児応援産後ケア)

私たちは仕事も子育ても精一杯がんばるママを応援する先輩ママの集団です

生後5ヶ月からのママ支援 時々ママたすけ隊 – 産後ママたすけ隊 (premom.jp)

 

運営会社:株式会社プレシャスマム

〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17丹生ビル2階

TEL:03-6868-7578

MAIL:info@premom.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。